「 信念の衣 」
2009-09-23 Wed 10:09
何が良くて 何が悪いかを
決めるのは 己
また 決めないという選択もあろう

何かを己が決めたとき
それに向かう 流れができる
良き流れも 悪しき流れも
創るのは 己の心

不と思える現象にも
苦と思える現象にも
それを好転させる道標は 隠されている

不や苦が大きいほど
得られし喜びも 実は大きい

悩め、嘆き苦しめ、泣き叫べ、恨み悲しめ
魂に光当てるには 必要なるもがき

さなぎが蝶になるが如く
不要になりし信念の衣
脱ぎ捨てしとき
真の姿 そこに現る

いつも 見護りて
我ら そのときを待たん


          '08.11. by guido




<LUCKY YOU> から一言
ある10代の高校生のガイドから
ご本人に宛てた メッセージです

彼の周りで この夏
たくさんの出来事があり
悩む姿を見かねて
友人から コンタクトを頼まれました

彼は 若いのに
こうあらねばをたくさん抱えている
それには
こうあって欲しいという親の期待も
強く影響している
 
もっと自由に 自分らしくあるために
着込んだ信念の衣を 脱ぎ捨てる
きっかけだと 解説してくれました

ガイドさんは ターザン風の方で
何があっても 生き抜くような強さを
兼ね備えた方です

この方がガイドなら 心配ないと
友人に告げました

ガイドさんたち いつもありがとう てろてろはぁと01 


ランキングに参加中 ↓ クリックの応援お願いします 星

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
別窓 | 価値観・考え方 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「 正しい道 ベストな道 」 | スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 | 「 土地の持つ価値 」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 |

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード