「 歓びと至福ある路 」
2009-09-09 Wed 10:24
使命抱えし者
成すべきことが 
己のしたいことと 想えし時
路はでき 扉開かれん

その路を 往く時
悦びを感じ 楽しめる者
強く光放ち 闇をも照らす

ゆえに
心から 成りたいと想うこと
心から 楽しみ歩むこと
何より 必要なことなり

されど
難しく 理解することはない
使命果たす路 苦しい路に非ず

進む路に 苦しみ感じるならば
歩み方に問題あり 
路逸れし証

歓びと至福ある路こそ 
進むべき路と心得よ


          '08.8. by my guido




<LUCKY YOU> から一言
何をするにも
楽しいと感じながら 
取り組めたらいいですよね

同じことをしていても
しなければならないと 捉えたとき
なんだか 楽しくなくなってしまう

私たちの進む道は 実は最初から
決まっているとも 言われています

それを どう捉えて進むかの
違いがあるだけだと・・・

道草に ならないように進むには
魂が 楽しく歓んでいるかを
目印にするのが一番かな

ガイドさんたち いつもありがとうてろてろはぁと03 


ランキングに参加中 星 クリックの応援お願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
別窓 | 未来・アセンション・地球 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「 土地の持つ価値 」 | スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 | 「 アセンション 」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 |

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード