「 物語 」
2012-09-03 Mon 10:59
それを知るには 物語がいる
だから人は生まれ
生れ落ちたその瞬間から
ひとりひとりの物語を紡ぎ始める

物語は 重なり合い
交わり また離れる

ときに それは悲劇と言われ
ときに それは武勇伝と言われる
ときに それは誰に語られることもなく幕を閉じる

物語の登場人物は それぞれがみな主役
重なり合う物語も 焦点を変えれば
まったく違う物語になる
そして ひとつとして同じ物語はない

人の物語を 真似てみても
それを知ることはできない
自分だけの物語を 紡いでこそ
初めて 見えるものがある
初めて わかることがある

物語は すべてが大切な一本の糸
失敗も成功も 物語に微妙な彩をつける
たくさんの色が交じり合う物語は
読むものに 感動を呼ぶ

自分だけの色を持つ物語を紡ぐことが
それを知ることに繋がる


          '10.10. by my guide




<LUCKY YOU> から一言
ガイドの言う『それ』ってなんだろう?
そんなことを考えながら 
読んでもらえたらと思います

たぶん『それ』は
人に共通の言葉でも言えるかも知れないけれど
人によって、また違うものかもしれません

あなたの『それ』は
どんなことでしょう?

ガイドさんたち いつもありがとう てろてろはぁと02 


ランキングに参加中 ↓ クリックの応援お願いします 星

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
別窓 | 学び・悟り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 |

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード