「 どんな母とて 母は母 」
2009-02-02 Mon 19:05
どんな母とて 母は母
子に全く愛無き 母はおらぬ
愛無くば 産み落とすことさえ 叶わねはず

子への愛より 己の欲望勝りて 
親とも言えぬ者多し
子育てるは 己の欲求との戦いなれば
そこに忍耐の学びあり

子は 親に命授けてもらい
親は 子に学びの場与えられん
どちらもいと尊きことなり

されば 愚かなる母にも 
弱き心と伴に愛ありて
揺らぎし想いに苦あり 学びあり

子 授かりしこと 
産み落としたる者あればこそ
そのこと 忘れるなかれ


          '08.3.



<LUCKY YOU> から一言
ある方のガイドからのメッセージです。

母と呼ぶには、余りにも頼りなく
愛と呼ぶには、余りにつたない想い。

そんな母も、案外多く 見受けられるような気がします。
でも・・・
そこにも、学びがあるようですね。

ガイドさんたち、いつもありがとうてろてろはぁと04


ランキングに参加中 星 クリックの応援お願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
別窓 | 愛・触れ合い | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集 |

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード